マイクロバスを決める評価基準

数あるマイクロバスの中から、どういった基準で車種を決めようかと思った場合、何を優先して決めればいいでしょうか。
値段?それとも、マイクロバスに元々備えられている設備でしょうか?

マイクロバスを利用するきっかけとなった理由は千差万別です。じっくり吟味して、一番ぴったりなマイクロバスを決めましょう。

マイクロバスは、車の種類によって借りる時の値段が違います。なので、定員18〜25人のマイクロバスと、定員45〜60人の大型バスでは当然値段は違いますし、備え付きの設備が違います。
もし学生の参加ばかりの旅行でしたら、交通費はなるべく切り詰めたいところです。
参加する人数にもよりますが、そのような場合は先ほど挙げたマイクロバスか、定員21〜25人の小型バスがいいでしょう。
しかし、どちらもトランクルームの設備がないので、たくさん荷物がある場合は向きません。

後は、運転手も意外と判断基準となります。と言うのも、旅の安全の一手を担うのは運転手にかかっていると言っても過言ではありません。
もし荒々しい運転をする人なら、いくら金額が安く設備が整ったマイクロバスでも乗りたくないと感じると思います。しかし、プロである運転手は皆、リスクがないように心がけて運転しており安心です。